読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングマザー徒然

子育てと仕事にドタバタのワーキングマザーの日々、両立のための工夫や外資系の事情など。

それでも私が外資系で働き続ける理由

2歳の娘を育てながらフルタイム勤務のワーキングマザー、minaです。


このブログでもよくネタにしていますが、外資系のデメリットをあげればキリがないです。

・すぐにクビになる

・人事的配慮がない(育休復帰先は自分で探せ!)

・なんでも自給自足(欠員が出たら自分でリクルートせよ!)

パワハラセクハラ横行

・上司に逆らうと死亡

・逆らってなくても馬が合わないと死亡

・引き継ぎ期間がないか、あっても2週間

・肉食獣が多すぎてこわい

・定年どころか3年先は全く見えない


なのになぜ働き続けているのでしょうか?

端的に言うと、

成果主義はワーキングマザーにとっては実はありがたい。

ということです。

成果主義だから勤務時間は関係ありません。フレックス勤務なので、何時に帰ろうが月のトータル労働時間が満たせていればオッケー。子供が発熱して呼び出しくらっても有給休暇を使う必要なし。

・パソコンがあればできる仕事なので在宅勤務も可能。

・時短勤務だからどうのとか、ワーキングマザーだからどうのとかいう偏見がない。成果を出してれば昇進も可能。

・会社員生活自体がサバイブ生活なので変化の激しいこの時代を生き抜く力が身につくかも


といったところでしょうか。転職を迷ってる人がいたら、選択肢の一つとして外資系も考えてみてもいいと思います。ワーキングマザーだから採用しないとかは無いです。育休中の人でもフツーに採用します。

これを読んだ優秀なワーキングマザーがうちの部署に来てくれたら・・・というなんとも遠回りなリクルーティング笑。


応援のポチをお願いします!↓

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村