読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングマザー徒然

子育てと仕事にドタバタのワーキングマザーの日々、両立のための工夫や外資系の事情など。

2日分の疲れが…

2歳の娘を育てながらフルタイム勤務のワーキングマザー、minaです。


三連休明け、予想はしていましたが、トイレ行く暇もないくらいの慌ただしさでした。なんか月曜休みだけど月曜の分と火曜の分と2日分溜まってる感じで目がまわります。今日は週一パパお迎えデーでもあるので、久しぶりにしっかり残業もしてぐったり。

三連休、子どもとたっぷり遊べたのは良かったですが、こういう皺寄せがあるので、良し悪しです。ふぅ。


ちなみに日本は比較的祝日が多い国らしいです。2013年時点で祝日の日数は15日で、世界3位だとか。1位はコロンビアとインドで18日。(http://www.mercer.co.jp/newsroom/2014-global-public-holiday-entitlements.html)

日本は今年から山の日もできましたし、飛び石になるとシルバーウィークやゴールデンウィークなど国民の休日になったりしますから、実際のお休みは世界トップクラスと言えそうですね。

欧州は全体的に祝日が少なめのようです。その分サマーバケーションがありますね。私的には、三連休はなくていいから夏休みを1ヶ月とか取りたいです。外資系ならそのぐらい休めるんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、私の職場では無理ですね…。外資系といっても、米国系かヨーロッパ系かでもカルチャーが違うように感じます。なんだかんだ、アメリカは日本に近いように思います。ワーカホリック、過剰労働普通にあります。

ヨーロッパ系の会社は、噂によると時間の流れ方が違うと言います。まったりしているのだとか。本当のところはどうなのか、気になります〜。


土日祝日関係なく働いている方も沢山いらっしゃいますね。本当に凄いといつも思います。保育園とかどうするんだろう、とか。

新卒で入社した会社では、規定上は土日祝日休みでしたが、完全に能力不足、キャパオーバー&長く働いてなんぼの業界だったので、休日出勤が常態化しておりました。6年が限界でした。特に、世の中的に休みの日に働くことが嫌でした。平日に休めたらまた違ったのかもしれませんが。

それに比べたら、今は、目の回る忙しさとは言っても「普通の人」としての生活ができています。


ランキング参加しています。ポチっとお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


広告を非表示にする