読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングマザー徒然

子育てと仕事にドタバタのワーキングマザーの日々、両立のための工夫や外資系の事情など。

社内転職活動、遅々として進まず

3歳の娘を育てながらフルタイム勤務のワーキングマザー、minaです。


前回の記事で「仕事と育児の両立に自信がなくなってきた」と書きましたが、自分がクビ候補になるかもしれない、ということについて、匿名とは言えこのようにブログで皆様に吐き出せたことによって、少し気が楽になりました。ありがとうございます。

入社してから今まで、ヒイヒイ言いながらも時の運も味方につけてなんだかんだ高い評価を得てきて、イツノマニカそれが当たり前になり、そこから落ちることが怖くなっていました。どんだけプライド高いんだって感じですが。。。

他者からの評価が自分の価値を決めるのではないと思っていますが、実際は評価を受けるとやはり心は乱れます。


異動するのが逃げなのかそうでないのか、分かりませんが、どうしても私は、異動イコール裏切り、異動イコール面倒臭い、という思いに支配されがちです。そういうことについて行動を起こす心理的ハードルがものすごく高いです。


綺麗な異動パターンとしては、「今の仕事をやりきって、惜しまれながらも次のチャレンジをするために」というものでしょうか。それなら逃げではないですよね。ですが、よく考えてみると、私のように基本的に異動や転職を積極的にはしたくない人がどういうタイミングで異動や転職をすることになるかというと、いまの職場、いまの仕事に耐えきれなくなるか、夫の転勤などの不可抗力かどちらかしかありません。だって満足してたら異動しようなんて思わないですから。

夫の転勤はあり得ないので、そう考えると、やりがいよりも義務感が上回っているいまの状況は、やはり私なりの異動のタイミングなのだと思います。


昨日思い切って興味のある職種のhiring manager(異動したら直属の上司になる人)にメールをしたら、ちょうど先週、採用が決まってしまったと。タイミングが悪いです。。


募集中のポジションは100以上あるので、もう一度私が貢献できそうな仕事をじっくり探してみようと思います。


ブログ村は参考になる記事が沢山。いつも励みにしています。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村