読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングマザー徒然

子育てと仕事にドタバタのワーキングマザーの日々、両立のための工夫や外資系の事情など。

8割までは誰でもできるんだってば(パレートの法則)

2歳の娘を育てながらフルタイム勤務のワーキングマザー、minaです。

パレートの法則、ってご存知ですか?

8:2の法則です。

Wikipediaによると「全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。」とのこと。

売上の8割は2割の顧客からのものである。

とか

仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。

とか

所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。

とか。

ひらたくいうと、「2割の努力で8割の成果が得られる」ってことなんだと思います。

だったらその2割だけやってりゃいいじゃん、ってなりそうな気がします。

でも違うんですよね。

8割までは大体、誰でもがんばればできるんですよ。残りの2割をどこまで追求できるか、それで差がつくのです。

だから、パレートの法則を信じて楽しようとすると一流にはなれないのです。

一方で、ワーキングマザーにとっては、まずその2割から優先して片づけることが、仕事でも私生活でも重要だったりします。限られた時間でまず合格点までたどり着くには、どの2割に手をつければ80点まで到達できるのかを理解することが必要です。その上で、残りの2割を追求していけば更なる高みを目指せるのではないかと思っています。

 

他のワーキングマザーの皆さんの考え方や工夫を参考にさせてもらってます。↓

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村